行事の種類で選ぶ納骨堂

行事の種類で選ぶ納骨堂 近頃は葬儀に関する考え方に徐々に変化が生じているため、以前に比べて納骨堂を利用する家族が増えてきました。増加する納骨堂の中から故人の遺骨の預け先を決定するにあたり、重視したいのは年間に行われる行事の種類です。
例えば一般的な行事として多いのは彼岸の時期に行われる法要、お盆に行われる法要でしょう。
一般でもお墓参りに訪れる人が多いこの時期は、多くの納骨堂でも合同での法要が営まれます。 また、一周忌や三回忌、七回忌などの周忌に行われる法要は故人の命日に合わせて法要を行ってくれるため、スケジュールが合えば遺族も参加すると良いでしょう。
中には合同で毎月、毎年の供養を行うことで法要の代わりとする納骨堂もあるため、事前によく確認しておくことが大切でしょう。
手厚い供養を望むならば行事が充実しているほうが遺族としても安心ですが、その分手間暇がかかって管理費が高くなることも予想されるため、予算と相談しながら選ぶと良いでしょう。

納骨堂のデザインの変遷と機能

誰かが亡くなり、その遺骨をどこかに安置したい。そう考えた時に、現代で選択肢の一つに入るのが納骨堂です。
多くの場合、お墓との対比を行って検討することになりますが、お墓の場合は設置費用や場所の問題もあり、特に日本の土地事情を考えると必ずしも最適な選択とはならないことも多いものです。
そんな時に、多くの人の遺骨を限られたスペースで、かつそれぞれを丁寧に扱っている形を担保するために、納骨堂のデザインは非常に重要なものになります。
この場合のデザインとは、形や外見だけではなく機能についても含まれると言っていいでしょう。
もちろん、例えば窓を多めにした開放的なデザインにし、暗いイメージを持ちがちな納骨堂の雰囲気を改善したりといったようなことも必要ですが、参拝に来た時に自分の家の納骨場所にスムーズにアクセスできるような環境や管理といったことも、納骨堂のデザインとして重要であると言えます。
人が亡くなったという悲しい出来事を乗り越えて次に活かすために、先進的なものが望まれていると言っても過言ではないかもしれません。

contents
新着情報

◎2017/11/7

行事の種類で選ぶ納骨堂
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

twitter
「墓 行事」
に関連するツイート
Twitter