行事の種類で選ぶ納骨堂

行事の種類で選ぶ納骨堂 近頃は葬儀に関する考え方に徐々に変化が生じているため、以前に比べて納骨堂を利用する家族が増えてきました。増加する納骨堂の中から故人の遺骨の預け先を決定するにあたり、重視したいのは年間に行われる行事の種類です。
例えば一般的な行事として多いのは彼岸の時期に行われる法要、お盆に行われる法要でしょう。
一般でもお墓参りに訪れる人が多いこの時期は、多くの納骨堂でも合同での法要が営まれます。 また、一周忌や三回忌、七回忌などの周忌に行われる法要は故人の命日に合わせて法要を行ってくれるため、スケジュールが合えば遺族も参加すると良いでしょう。
中には合同で毎月、毎年の供養を行うことで法要の代わりとする納骨堂もあるため、事前によく確認しておくことが大切でしょう。
手厚い供養を望むならば行事が充実しているほうが遺族としても安心ですが、その分手間暇がかかって管理費が高くなることも予想されるため、予算と相談しながら選ぶと良いでしょう。

納骨堂のデザインの変遷と機能

誰かが亡くなり、その遺骨をどこかに安置したい。そう考えた時に、現代で選択肢の一つに入るのが納骨堂です。
多くの場合、お墓との対比を行って検討することになりますが、お墓の場合は設置費用や場所の問題もあり、特に日本の土地事情を考えると必ずしも最適な選択とはならないことも多いものです。
そんな時に、多くの人の遺骨を限られたスペースで、かつそれぞれを丁寧に扱っている形を担保するために、納骨堂のデザインは非常に重要なものになります。
この場合のデザインとは、形や外見だけではなく機能についても含まれると言っていいでしょう。
もちろん、例えば窓を多めにした開放的なデザインにし、暗いイメージを持ちがちな納骨堂の雰囲気を改善したりといったようなことも必要ですが、参拝に来た時に自分の家の納骨場所にスムーズにアクセスできるような環境や管理といったことも、納骨堂のデザインとして重要であると言えます。
人が亡くなったという悲しい出来事を乗り越えて次に活かすために、先進的なものが望まれていると言っても過言ではないかもしれません。

contents
新着情報

◎2017/11/7

行事の種類で選ぶ納骨堂
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

twitter
「墓 行事」
に関連するツイート
Twitter

命を繋ぐ為の外出(通院・買い物) →生きがいの為の外出(家族行事参り) →楽しみの為の外出(旅行や趣味・娯楽) ★外出で『人生をより豊かに!』しましょう。

Twitter(一社)付き添いサービスえがお/福祉タクシーえがお@chachamalu4

返信 リツイート 11:45

クリスマスとか復活祭にしか教会に来ない信者を「行事信者」ご先祖様のお参りに教会の地を訪れるだけの人を「地信者」と言うらしい。

先日は西ヲタちゃん達と。 今日はお参り後に夫とルミナリエ。 阪神大震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事。インスタバエのイベントではない(๑・᷄ὢ・᷅๑)勝手な人達がオオイネ pic.twitter.com/e0oEdFLO7M

毎年、盆休みには故郷に帰り、透のに手を合わせに行く。花瓶の水を換え、花や供物を供え、石を磨いて綺麗にし、それから手を合わせて近況を報告する。透への参りは、おれの30年来の大切な行事だ。 (親友の話をしようか)

年末にイベントをぶっこむのは。 ( >Д<;) 今年は、28日まで仕事やから、年の瀬の休みは29日からの3日しかないんやで。 3日間で年末行事参り、大掃除、etc。 年明けは、多少余裕があるけど。 (=゚ω゚)ノ

Twitter麒麟(キリン)@やっぱり、ちわわさんはカワイイ.撮影垢@akd_fs_rakishis

返信 リツイート 昨日 18:44

aksの駄文の中でどれだけ葬式やら参りやら法事やら、命日あったか…要するにaksの、世界はそれで構成されてしまってるのは、あると思う。人生で経験した事は身に染みてしまうものだから。誕生日の易占いみたいなのを昨日見てたら、を立てればいい日って…。まぁ、それも一つの行事である事は確か

RT @minajyounouchi: 日本の文化や礼儀作法をきちんと実践してない家庭で育つと、朝鮮キーセン式お辞儀や、入れ墨をカッコいいと受け入れたりすることになりがちね。 お参り、初詣、七五三、おせち、夏祭り、お盆などの行事を体験し、その意味や由来を話し合う…という家庭環…

今年も友あけおめLINE荒らします、これは恒例行事です

Twitterたそ@ニートになりたい@Rkr0314Sk

返信 リツイート 12/12(水) 23:53

#みなさん小中高って修学旅行どこだったんですか 小 鎌倉? 中 京都、奈良 高 沖縄 小学校が意外と記憶にない 学校行事で鎌倉大仏見たし、彫刻の森美術館で遊んだし、日光で家康の参りしたし、つくばエキスポの残骸にも遊びに行った記憶がある 割とこれまでの生息域絞れるな

毎年、盆休みには故郷に帰り、透のに手を合わせに行く。花瓶の水を換え、花や供物を供え、石を磨いて綺麗にし、それから手を合わせて近況を報告する。透への参りは、おれの30年来の大切な行事だ。 (親友の話をしようか)