納骨堂の寸法について

納骨堂の寸法 納骨堂とは骨壺に入れたお骨を安置しておくための施設の一つで、屋内霊園とも呼ばれます。
従来のお墓よりも安価であり、省スペースな事から交通アクセスの良い都会にも建設されているのが特徴です。
納骨方式は仏壇やお墓タイプから、よりコンパクトなロッカーや棚のタイプも存在します。仏教以外にも様々な宗教で同じような施設があり、宗派によってはご本尊が安置されている場合もあります。
屋外霊園と違って平地である必要がないので、マンションのように複数階建ての施設も多く、中にはお参りの際にコンピューター制御で納骨壇を呼び出す仕組みを取り入れている施設も存在します。
納骨堂の寸法は様々なものがあり、先祖の骨壺を入れて10人分以上安置できるような大型のものから、夫婦2人分に合わせた小型のものまで用意されています。
納骨堂では決められた人数分以上の骨壺を収容する事が認められていない施設もあるため、購入時には寸法を確かめて将来的に何人分の骨壺を納めるか計算しておく必要があります。

納骨堂を設計するメリット

近年の少子化や核家族化の影響を受け、故人の供養の為の施設であるお墓以外に納骨堂の需要が拡大してます。
納骨堂と言うと暗く寂しげなイメージがありましたが、現在では明るく清潔な施設が多く、上段に仏壇、下段にお骨を安置できるタイプの仏壇式は見た目も華やかで自由に利用できるスペースが広くとられています。
納骨堂のメリットとして、集合霊園であるため、古ベルにお墓を建立するよりも経済的な負担が少ない事があげられます。
また、平らな土地にお墓を並べる必要がある墓地と比べ、屋内型施設であり立体的な建物に建設する事ができるので、少ない敷地面積でも設計でき、多くの収容が可能です。敷地が少なく済むので大きな土地を準備するのが難しい大都市にも設計でき、交通の面で利便性が高いのも特徴です。遠出が難しい高齢者や足の悪い方でも、気軽にお参りする事が可能です。
屋内にあるので季節や天候に左右されず、施設内部は空調設備が整っているので快適に過ごせます。

contents
新着情報

◎2017/11/7

行事の種類で選ぶ納骨堂
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

twitter
「墓 費用」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@mupiko 初めまして。実家のじまいがきっかけとなり、業務としても扱うようになりました中野・杉並行政書士事務所と申します。じまいの費用は様々ですよ。弊所HPでもじまいの方法や費用の目安について解説しておりますので、宜しければご参照下さい。 【おの終活】a-kuyou.com

Twitter中野・杉並行政書士事務所@nakasugi_ohaka

返信 リツイート 5:00

返信先:@gin_chan1229他1人 初めまして。実家のじまいがきっかけとなり、業務としても扱うようになりました中野・杉並行政書士事務所と申します。弊所HPでもじまいの方法や費用の目安について解説しておりますので、宜しければご参照下さい。 【おの終活】a-kuyou.com

Twitter中野・杉並行政書士事務所@nakasugi_ohaka

返信 リツイート 5:00

もっとスタンのデッキ増やしたいけど 費用ががが とりあえず湿った買いたそ

返信先:@reiwaboss 借金返済としまいの費用に当てたいです

返信先:@guccl_men_men 昨年末他界した母親のおを建てる費用に充てたいです。

Twitterくろのす🃏LiSAッ子🃏@Kronos_2020

返信 リツイート 昨日 23:44

多様化する新しいお 「樹木葬」や「納骨堂」の詳細や費用について解説します。 by 五十嵐 信博 manetatsu.com/2019/05/184086/

Twitterタツオ(マネーの達人)@manetatsu

返信 リツイート 昨日 22:00

返信先:@romirunrun 病んでしまった整形費用貯まる頃にはくそばばあだ、、、、†┏┛┗┓†

じまいで多いトラブルとは?お寺・親戚、費用等で揉めるケース orient-wave.com/hakajimai/tora…

【どこにも負けませんこの料金(費用)「目玉サービス」】 ◇僧侶派遣(お坊さん手配):2.7万円~ ◇戒名彫り(追加彫り・字彫り):3万円~ ◇お処分:1坪19万円(1平米5.76万円)~ ◇ご遺骨整理・処分(永代供養・樹木葬・森林葬・樹木葬):2万円~ ◇仏壇処分:1.5mま

何を見聞きしたのか、じまいしたいとしきりに言ってくる。特別の世話してる訳でもないし、年間管理費4000円も折半だし。曾孫の代まで年間管理費払っても、じまいの費用よりずっと安い。なのにじまいする時は半分出せとまで言ってくる。こっちで管理すると言っても聞く耳持たず。