納骨堂で線香を焚く時は

納骨堂で線香を焚く時は 納骨堂は屋外に建立されるお墓と違い屋内型施設が大半なので、基本的に室内でお参りを行う事になります。
お墓と違うのは室内のため、24時間いつでもお参りできるわけでなく、受付時間が決められています。お供えやお線香に関しては、施設それぞれに規則が定められているため、それに従ってお参りする形式となります。
一般的に納骨堂では共有スペースでお参りする施設と、お参り専用のスペースを設けている施設が存在します。たくさんの遺骨が安置されているため、遺骨の保存や周囲の衛生のために水気のある生花をお供えできない場合がほとんどです。
お線香を焚けない施設もあるので、購入時には規則をチェックしておくと後のトラブルを回避できます。
納骨スペースとは別に参拝用の部屋が準備されている納骨堂は、お墓と同じようにお花を供えたり線香を焚く事ができます。収蔵されている遺骨を運んできてもらえる納骨堂もあり、共有スペースよりも自由度が高いのが特徴です。

お寺の納骨堂に遺骨を預ける場合

火葬が終わったあとは、お墓などに骨壺を持って行き、納骨を行います。
一般的に納骨を行う時期は、四十九日や一周忌の法要に合わせて行われます。先祖代々から引き継いでいるお墓が自分の家にある場合は、そこに納めます。しかし、お墓は建てるだけでも費用がかかる上に維持費もかかります。
そのために、墓を持たないという家庭や、核家族化して墓を持たない家庭も増えています。そのような場合は、お寺の納骨堂を利用する方法があります。
この方法は、近年増加傾向にあります。お墓を建てるまでの一時的な期間、納骨堂を利用するという方法が一般的ではありますが、お墓を持たない場合でもお寺で預かってもらうことが可能です。
室内で大切に保管されて定期的に読経も行われますので、安心して預けることができます。
しかし、お寺の納骨堂を利用する場合も、納骨の際に必ずかかる費用がありますので、利用する前に必要な金額などを問い合わせをしておけば安心です。

contents
新着情報

◎2017/11/7

行事の種類で選ぶ納骨堂
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

twitter
「墓 線香」
に関連するツイート
Twitter

そういやお詣りでお線香に束で火をつける地域なのか宗派なのかあるよね、束でつけて横に倒して置くかんじの。もしかすっと全国的には束が一般的なのかも知んないけどわたしは1本ずつを立てるのがふつーな地域で育ったためはじめ見たときそういうものなのだと知るまではかなりびっくりしたんよね

今日のお参りからのきたっく なんか知らんけどおの前で約一時間突っ立ってた(妹や姉が来る一時間前の事) 草むしりして、線香に御菓子やって 帰ってきた かーちゃんとばーちゃんに会えたようでとても和んだというか心がスッとした( ^ω^ ) ありがとうね 今年もあとわずかですが見守っていて下さい

Twitterゆうや@デスバレー在住@kanuisuzaku

返信 リツイート 19:27

和葉「え?あれ、線香の匂いせえへん?」平次「アホか!こんな山ん中で誰が線香…――!?(…例の人魚のか…人魚の…ま、待てよ…そやったらこらやっぱり…やっぱり工藤のゆうてた通り…犯人はあの人やったちゅう事か…)」

返信先:@0yryrn0 やるやん。 おばさんの葬式には行けなくても線香ぐらいあげてやるんやで。 そのの前でなくても大丈夫や

参り行って線香臭い。 しんどいー

Twitter❤︎いよ❤︎@iYo_p

返信 リツイート 17:06

返信先:@HUdJNhH3iFXwJdy ・こりす 【あるある】おまいりで、お線香がメラメラしだす。

先程の線香を手に、勝手にお参りして参ったのですが、ね。 此方が今川氏真のおらしいです。 文字苔むしてて見えないし、誰に聞いたらいいやらも分からないけれど、Webで調べた← 今回は下見なので、あとは色々写真撮って撤収ー。 めちゃくちゃいい所に居られますね。 pic.twitter.com/jmS3ksCR3y

Twitter水那は大体原稿中@minakata_ch

返信 リツイート 16:21

この間、思いつきで唐突に6,7年ぶりに参りに行ったわけだ (線香すら持たねーで) そこで新たな発見、 夕 方 の 場 は 落 ち 着 く

家に帰って、お線香上げてきちんと近況報告しました😌 近々、おにも行こうと思う。

本家のお+自分んちのお=2基のおではない。 お線香の分量難しい。

Twitter平成仮面ライダー超全集BOX支援願う系餅屑めにゅ@mochi_menu

返信 リツイート 9:10